キーワードimage01 キーワードimage01 キーワードimage01

新着情報

◆2018/03/05
遅漏を改善してセックスで愛される男性になりましょうの情報を更新しました。
◆2015/11/20
病院における遅漏の治療はカウンセリングと指導がメインを新規投稿しました。
◆2015/11/20
遅漏克服のために運動で下半身を鍛えましょうを新規投稿しました。
◆2015/11/20
遅漏サプリメントは通販サイトで入手しましょうを新規投稿しました。
◆2015/11/20
遅漏グッズを使って日々の自慰とセックスを促進させるを新規投稿しました。

遅漏を治すために射精しやすいセックスに変えましょう

セックスの仕方を工夫することで、遅漏の症状が緩和されることがあります。

遅漏の人に向けたセックスのコツ

セックスの前には、アルコールを飲まないようにしましょう。お酒は適量飲むと良いと言われていますが、実際にはその量がかなり少なく、「ほろ酔い」程度では多すぎると言われています。

いざ本番の時はソフトな刺激を心がけましょう。とても多いのが、手で強く握ることです。一時的に強い快感が得られますが、男性器が麻痺して挿入時に射精できなくなってしまいます。可能ならば、射精のぎりぎりまで優しく愛撫してもらった上で挿入するとベストです。

また、性的嗜好を叶えられないことで興奮しにくくなっているという男性も多く存在します。パートナーと話し合い、可能な範囲で実現すると良いでしょう。

体位によっても違います

1)寝バック

女性が脚を閉じた状態でうつぶせになり、男性が上から覆いかぶさった状態です。膣のしまりがよくなることで快感が得やすくなります。

2)騎乗位

仰向けになった男性の上に女性がまたがる体位です。脚を突っ張ることができるので、自慰の時にいつも脚をピンと伸ばしていた方には射精しやすいでしょう。

3)後背位

膣のしまりが弱くなりますが、視覚的効果で興奮を高めやすい体位です。実際に、正常位では射精できないが後背位ならできるという男性が多く存在するようです。

セックス前の飲酒、最中の刺激の強さや体位を工夫することで、射精を早くできる可能性があります。精神的なストレスも遅漏の原因になります。一度成功することで、あっさりと症状が改善されるかもしれません。

▲PAGE TOP